SEO対策 リンク 被リンク 安全 ロングテールのキーワード 上位表示させるには

SEO対策のリンク|ArdorSEOのススメ

SEO対策の外部リンクサービス|ロングテールのキーワードに強いArdor SEO

 

HPやブログ運営者、企業のweb担当の方でも、自サイトがなかなかヤフーやgoogleで

 

上位表示されず内部リンク、外部リンク、コンテンツを充実させてみたりと、

 

日々試行錯誤されてると思います。

 

 

いわゆるビッグキーワードの上位表示サイトを調べてみると1千〜1万の被リンクが

 

付いています。彼らも死に物狂いで上位表示の施策をしてるためとても太刀打ち

 

できません。運よく彼らを負かすことができてもまた、激しい競争に巻き込まれるだけです。

 

 

 

 

そのため、多くの人はライバルの少なそうな、いわゆるロングテールキーワードから

 

アクセスを集める方法に特化します。

 

(ちなみにロングテールのキーワードは、検索ボリュームが小さい「新宿 賃貸 ペット可 徒歩3分」といった、

 

検索ボリュームが少ないが、競合が少なく、目的が絞られ、成約に繋がりやすい複数語です)

 

 

ところが、ロングテールキーワードも、選定を間違ってるのか、単にドメインがダメなのか、

 

よく分からないけど順位が上がらないことが多くあります。(30位以内にも入らないとか)

 

 

また、良かれと思ってやったことがスパム扱いされ、ペナルティー食らったり。。

 

こうなると、八方塞がりなわけです。

 

 

 

 

今現在の検索アルゴリズム(webページのランキング付け)で重要なのは、

 

キーワード、コンテンツ、外部リンクと言われています。

 

 

あなたのサイトが、キーワードは間違いないしコンテンツも定期的に更新メンテしてる、

 

だけど外部リンクに自信がないと考えてるなら1つの選択肢として、

 

ロングテールのキーワードに強いとされるクローズドの外部リンクサービス

 

「Ardor SEO」というのもありますよ。

 

 

ロングテールのキーワードに強い外部リンクサービス「Ardor SEO」はこちら

 

 

 

 

「Ardor SEO」は2013年から完全クローズドサービス(一部の顧客向け)。

 

オーストラリア発の外部リンクサービスで、ロングテールのキーワードに自信を持っていて、

 

ペナルティ皆無で3年間継続提供してきたものです。

 

機械的に外部リンクを送るのではなく、すべて人力手作業で行い、テキストでの外部リンクだけではなく、

 

PDFなど他のメディアも駆使されての上位プランには動画からのリンクも送るという

 

人力ならでは結構手間かけてくれます。

 

 

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOの効果

 

 

90位?100以降だったところでArdor SEOを導入し、

 

2ヶ月目くらいより30位台にジャンプアップ、その後に上位5位に上昇 したケース

 

 

 

3月からサービス利用。1ヶ月目くらいより30位台にジャンプアップ、その後上位3位に上昇したケース

 

 

 

一時期上位にあったサイトではあったもの、70位台まで順位を落とす。
6月よりサービス利用を開始し、現在では10位以内に回復

 

 

と、結構良い成果を上げてるみたいです。さらに詳細は公式ページをご覧ください。。

 

 

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOの料金

 

 

コントロールパネルにログインして使う仕様。

 

URL1つ(1本)プライマリーキーワード(主要キーワード) 3個

 

ロングテールキーワード(副キーワード) 9個 を指定して、16800円/月(税別)です。

 

 

ちなみにURL2つ(2本)の場合⇒(10%OFF)で33,60円(税別)

 

3本⇒(12%OFF)50,400円、 4本⇒(15%OFF)67,200円

 

5本⇒(20%OFF)84,000円となっています。

 

 

ロングテールのキーワードに強い外部リンクサービス「Ardor SEO」はこちら

 

 

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOを最大限生かす3つの条件

 

 

 

@定期的な更新を行うこと(最低1回/月)

 

これは言わずとも、SEOの観点から定期的な更新メンテは必須です。

 

 

 

Aビッグワードでなくロングテールキーワードを狙う

 

これもご存知の通り、ビッグワード単体は競争が激しいため体力を消費します。

 

ラットレースに巻き込まれるだけなので、狙うのは2語以上のライバルが弱そうな

 

ロングテールを狙いましょう。

 

 

 

B毎月細かいチューニング

 

コントロールパネルより、対象のキーワード、URLの変更ができます。

 

キーワードを選定し上位表示されたものの、売り上げに直結しない場合もあります。

 

その場合、キーワードを変更して再度上位表示を狙うことができます。

 

 

これら3つの作業を惜しみなく続けることで、Ardor SEOの外部リンクを

 

最大限生かすことができ、上位表示が期待されます。いかがでしょうか?

 

 

 

 

編集後記

 

SEOは相対的なものであり、ライバルより少し先に行けば上位表示される可能性があります。

 

おそらく上位表示されてるサイト群は(全部ではありませんが)相互リンク、自作自演リンク

 

アフィリエイト塾経由の自動リンクサービスなどが占めていますので、数では勝てませんが

 

リンクの質で戦うという手段も有りではないでしょうか?

 

だとしたらクローズドリンクのArdor SEOが1つの選択肢になると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部に戻る

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOの効果

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOの料金

 

SEO対策の外部リンクサービス|Ardor SEOを最大限生かす3つの条件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読